ダイレクトメールを送る時に大切なタイミング

通販の魅力

印刷通販のこれまでの変遷について

印刷を効率化させて低料金、短納期を実現したのが、印刷通販です。ネットにおける注文によって配送で納品する、これまでには無かったシステムとなります。印刷業界は長引く出版不況によって市場規模が縮小し、その解決策を模索していましたが、早くから取り入れられたデジタル技術に加えて、ネットを利用した効率化を元に新たな業務スタイルを生み出したわけです。 これまでは近場に印刷会社がなかったところでも、ネットを利用することによって手軽に注文できるようになり、それが新たな需要を掘り起こすことになったのです。そして徹底したコストの削減と、デジタル管理された色調管理によって安定した品質で、これまでの作業工程を短縮するとともに経験や勘を不要とする人材採用による人件費削減で、かなりの低料金と通販システムによる短納期が可能となったわけです。

今後の動向に関する予測について

印刷通販は現在、多くのサービス参入を増やしています。これからは更なる価格競争が始まると見られるわけですが、すでに効率化は限界にまで進んでいます。そのために、これからは付加価値を付けることによる差別化を課題とすると予測されています。 実際に広告メディアとして活用される印刷物をデザインするにあたり、そのレイアウトなどをどのようにすれば、広告効果が高まるのかが模索されています。そこで、数多くの案件データを有する印刷会社が、そのデータを活用する形でデザインの提案を行うようになっています。専門のデザイン会社よりも手頃な費用で、あくまでも印刷サービスの一環として、ネット通販の利点を活かしながらのサービス提供が行われるようになっています。